姓名判断で株式投資

運だけは良い株初心者がいきなり投資術を開発!そんなので大丈夫か!?

東証反落、OPECプラス期待などで下値限定、国内の感染者急増を負担

9日朝の東京株式市場で日経平均株価は反落。前日比84円98銭(0.44%)安の1万9268円26銭で取引を終えた。朝方は、前日の大反発を受けてダウ工業株平均がラリーを展開して始まったが、ここ最近の日経平均の急ピッチな上昇を受けて、次第に戻り待ちの売りが出てきた。

8日に国内で新たに確認された新型コロナの感染者数が500人を超え、過去最高を更新したことも重荷となった。みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリストは「市場は、新型コロナ感染が抑制され始めているように見える欧米と、新型感染が増えそうな日本との違いを意識している」と話す。日経平均は週明けから1500円以上上昇しており、戻り待ちの売りが出やすい。

一方で、新型コロナを受けた米国の追加経済対策への期待や、9日に開催された石油輸出国機構(OPEC)やロシアなど非加盟の主要産油国が参加するOPECプラス会合での協調減産合意を受けて、下値を探る動きは限定的だった。

JPX日経インデックス400や東証株価指数(TOPIX)も下落した。東証1部で値下がりした銘柄は1255銘柄で、上昇841銘柄、横ばい72銘柄だった。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://32kaku.blog.fc2.com/tb.php/78-09d81bc0